2017
06.18

6月に思うこと・言葉の野を豊かに

Category: 思フコト
「組織的犯罪処罰法改正案」が成立した。
今後形成されていく、世の中の空気や人の動き、
そして表現についても懸念は尽きないが、
ひるむことなく表現を続けていきたい。

今回に限らず、毎回、何らかの法案成立前後に発せられる言葉に、非常に違和感がある。

「安倍は死ね」からはじまり、
「徴兵制だ」「戦争法だ」「総監視社会がはじまる」
「日本は終わった」といって、
法案そのものの内容が1だとしたら、
尾ひれをつけて、または大げさに内容を誇張して
3か4まで過剰に煽っている。そんな人のなんと多いことか。
本当の内容はどこまでなのか、結局よくわからなくなってしまって、
かえって筆者は白けた。

思い返せば、こんなことはもうずっと続いているのだな、と感じる。
筆者は原発事故被災地に住んでいるが、
その国道沿いを居住者が心を尽くして清掃しようものなら「人殺し」といわれ、
夏、地元の人たちが尽力して、やっと海開きにこぎつけた海水浴場を
「殺人海水浴場だ」といってくる。
汚染が恐ろしいからと発せられる言葉なのは
十分理解できるのだけれども、ひどい言葉だと思う。
反論するのもばかばかしく、黙っていれば、
「もっと怒れ、なぜ怒らないのか」と強いられる。
怒ってすべて元通りになるなら、怒るだろう。
しかしそうではないのだから、すべては空しい。
私たちが怒っていないことにしてしまっているその人たちに、本質を見る目はない。
すでに私たちの「内心の自由」は、強いてくる人たちの「正義」によって奪われている。
そんなことがもう何年も続いている。

私たちは短歌をやっている。
言葉を扱っているのである。言葉はていねいに選び、扱いたい。
事実に尾ひれをつけて内容を誇張し、憎悪ばかり増幅して
伝えていることにあまりに無自覚な人がいる。

彼らはそれが「正義」だと思っているのがなおさら悲しい。
筆者からしてみれば、すでに「抗議」ではなく「罵倒」でしかない。
そんな人たちとは、これまでも、そしてこれからも、決して共闘はしない。

事実は事実そのまま、それ以上でも、それ以下でもない。
反対するとしても、事実を吟味して粛々と行いたい。
せめて自らの言葉の野は豊かに保ちたいものだと思う。





2017
06.14

岩尾淳子さんの歌集『岸』を読む

未来短歌会に所属する岩尾淳子さんの第二歌集『岸』が刊行されました。

昨今、歌に奇を衒ったり、つくりこんだり、
またはイデオロギー一色であったりという
なにか過剰なものへの関心が寄せられるなかで、
岩尾さんの歌集『岸』は短歌ならではのしみじみとした感興を呼ぶと思う。


夕暮れて野球部員の均しゆく土より冬の背すじが浮かぶ

子を産んだ朝もあったな母がいて青鷺みたいにわたしを見てた

あらかじめ空には傷があることをきれいな鴉が教えてくれる

夏帽子かぶり直せばあこがれのように広がりゆく川の幅

ふつかほど家を空ければ花茎のすうっと伸びているアマリリス



教師として若い人たちと接する日々、ご両親と長くながく住む町の記憶、
そしてご自身とそばにいる方たちの生が
ほつほつと語るようにつづられていきます。
短歌を詠み、そして読者として読むことを改めて考えたいと思う歌集です。

水彩画のような淡い色彩と透明感が漂った装幀もすてきです。
さびしくて、でも静かな感じに身をひたすような。

ぜひお読みください。


2017
06.05

大松達知氏歌集『ぶどうのことば』

第4歌集「ゆりかごのうた」で牧水賞を受賞された
大松達知さんの最新歌集『ぶどうのことば』が刊行されました。

前歌集が育児の歌に占められていたのに比して、
本歌集は、教師として、父親として、夫としての何気ない日常に
題材を求めておられます。


おやすみを言はずに妻が寝てしまふ家族三人になつたころから

いちにちの心の疵によく効いて手足ぬくめるお湯割りの芋

不作法を新しいねと言ひかへて高校生に迎合すこし

妻の機嫌、娘の機嫌とりましてわれの機嫌は<白霧島>がとる

つきつめて思へば人と暮らすとは人の機嫌と暮らすことなり


家庭を持つこと、そのなかでの「相手」との関係性が
子を持つこと、子が育つことで見え方が変わってくる。
仕事は脂がのっている時期、しかし悩ましいことも多々ある。
中年に達した主体の溜息や喜びなどが、とてもあたたかい視点で描かれています。
社会との関りというのは、なにも社会問題に取り組むことではなくて、
こうして日常のさまざまから社会に繋がっていくのだとも思う。

「あたたかい」とはどうして思うのか。
しかし、とてもほっこりと、嘆いてはいるけれど
とてもほんわかと、日常がそこにある感じが、
心にしみ込んできました。

装幀には、真田幸治氏によるぶどうの蔓のような、
音符のような素敵なデザインがあしらわれています。
五線譜の上に踊るぶどうの粒粒は、家族が奏でるメロディのようだとも思いました。
楽譜を追って、(ここからは妄想ですが・・・汗↓)
モーツァルトのメヌエット(ニ長調 k355 とか・・)の明るくて清楚な曲を想像しました。
内容とぴったりです。


とてもよい歌集です。
ぜひお読みください。









2017
06.05

現代短歌6月号・特集「自然詠の変容」に

Category: My works
ただいま発売中の「現代短歌」6月号の特集「自然詠の変容」に
「自然詠とフクシマ」という論考を書かせていただきました。




原発事故後、福島の自然は、歌は変容したかというテーマに従って
さまざまに考えてみました。
放射能汚染という不可視な事象は、「見た目では」自然を侵していません。
フレコンパックが山と積まれたり、荒廃した家屋というのは、
それまでを放棄した人間の仕業であるわけです。
掘り返したり・はぎ取ったりという行為が施された自然は、変容を見せていく。

チェルノブイリ原発事故で放棄されたプリピャチの町は、動物が闊歩し、
草木が茂り、人間の立ち入っていなかった、
もともとの自然の姿に回帰していきます。
それは福島の町々でも同じことです。
もちろん、計測すれば汚染があるわけですが、自然はそれを知らないのです。
人間だけが汚染を突然知り、恐れ、放棄することをする。

人災は尾を引き、自然を変えました。
そんなことを書いてみました。
ぜひお読みください。





2017
05.17

5月に思うこと・「わかる」がわかる

Category: 思フコト
『公募ガイド』五月号での特集は
「つぶやくように詠おう・ツイートする短歌」。




巷の公募ファンには有名な雑誌だが、短歌の特集を組むのは珍しい。

巻頭の見出しには「SNSを中心に若いひとたちの間で短歌がブームです」と大きく置く。
「短歌のカジュアル化」を紹介し、
鳥居・木下龍也両氏へのインタビュー、
「ケータイと親和度大」「大学生に短歌ブーム」「ニコニコと月刊『短歌』がコラボ」
「短歌作りキット」「作歌の方法 足し算法と引き算法」など
活況の様子や作歌方法まで、幅広いトピックが並ぶ。

短歌の入り口に立った人も、
迷いなく短歌を親しんでいけるように間口が大きい。 
すなわち、この特集は短歌の作り方がやさしく「わかる」のだ。
わかりやすい作歌方法、わかりやすい歌の発表のしかたが「わかる」特集なのである。

少し前の「わからない歌」論議から、わかること、わかりやすいことの
価値付けがすすんでいるように思える。
『歌壇』でも「わからない歌への対処法」という特集が組まれ、
「わからない」ということに「対処」しなければならない空気が流れている。

しかし、わかる、ことは絶対に必要なのか。
すべてわかったら、逆に「読み」はフラットになるのではないか。
「読み」に幅が出る歌、きちっとある事柄を規定する歌、
どちらも存在してこそ、読み手は楽しみ、歌の世界は深まっていくのではないか。
「わかる」ことがわかる、わかりやすいことが正義、
そんな空気を一表現者として疑う。


back-to-top