2016
08.16

8月に思うこと・シンポ『「短歌」はどういう「詩」か』を聴講して

Category: 思フコト
8月13日に東京・青山で行われた、
『「短歌」はどういう「詩」か』のシンポジウムに参加した。
シンポジストは花山多佳子・斉藤斎藤・永井祐の三氏。

森岡貞香の歌を読みながら、
短歌という詩型についてあらためて思考を深める。
三氏の森岡貞香の歌の読み解きは、
三氏それぞれの日常の思考と個性が出ているようでとても面白く
そして興味深く聴講したけれど、少しだけおや、と思った部分があった。

議論は森岡の歌に見られる特有の時間・空間の扱い方、
「われ」の在り方にも論は及んだが、
たとえば、このシンポでは作家論的なものとしてではなく、
作品・歌の構造のみに着目するゆえに、
歌集に掲載された歌をひたすら解読する方法をとっている。
(最終的に短歌とはどういう「詩」なのか、を考えるための材として)

森岡は、歌集に収める際に、手元の歌を、初出から大幅に手を入れ、
各歌の順序も、もう一度再構築して
ほとんどまったく新しい編集がなされたものが決定稿となる。

一首ずつを細長い短冊状の紙に書き記し、畳の部屋一面に並べて
歌集の構成を練っていたという話もある。
森岡の場合、一冊の歌集は、
それまでの歌をアルバム的アーカイヴ的に収めたものではなくて、
一冊独立の作品集として在るのだ。

この編集のしかたは、ある程度森岡の歌に入り込んだことのある人なら
ありふれたエピソードとして流通していると思われるのだが、どうだろうか。

森岡の死後刊行された三冊の歌集(『九夜八日』・『少時』・『帯紅』)は、
ご子息が編まれたために、森岡本人の手を経ていない編集前の原本そのままである。
存命中の歌集と死後の歌集では森岡本人の認識の負荷がまったく異なる。
ゆえに、これらの歌集すべてを同一直線上に並べて
論じるのはいささかせっかちな感じがある。

さらにいえば、編集前の初稿と決定稿(歌集)との歌の間に
森岡の明確な意図が必ずかかっているので、その変容を比較することで、
より容易に歌の構造部分が明らかになったのではないか。
たとえば


この海星の場合 港灣に突き出でたるconcreteのうへにて死せり
                                 「百乳文」

という著名な歌も、初出は


海星らの仕方なき死(しに) 海側に向きてくづれしconcreteのうへ
                     「短歌現代」昭和64.10

となっており、初出がほぼ率直な観察の結果としての歌となっているのに対して、
決定稿「百乳文」での歌というのは、「場合」=case という
生の一場面が著しく抽出されたつくりになっており、
森岡の強く意識するところがくきやかに見えてくる。
また、「百乳文」の歌は破調だが、初出のほうが破調して居らず、定型を護ってすすむ。

このような例は、丹念に初出をあたっていけばいくらでも見られるのであって、
このような事例からアプローチする方法が見られなかったのは
私個人からすればすこしもどかしさもあった。
しかし森岡貞香の作品研究会ではないのだから、当然といえば当然であるか。


次回は、折口信夫(釈迢空)を材として考察をすすめるとのことが
会の終わりに予告された。
折しも角川ソフィア文庫から『釈迢空全歌集』が6月に出たばかりである。



岡野弘彦氏の編で、丁寧な解説が付く。
これを読んで予習しながら次回を楽しみに待ちたいと思う。










2016
08.07

塔短歌会・東北『1833日目 東日本大震災から五年を詠む』

塔短歌会・東北の皆さんが集って編まれている、
東日本大震災についての歌を収めた
『~日目』の歌誌。

このたびは6冊目となる、
『1833日目 東日本大震災から五年を詠む』が発刊されました。


震災からの歳月をそれぞれに歩むということ、
少しずつ分岐があり、1人の上に1人の生が重く分かれていく。
震災被害直接のこと、また回顧や前を向く歌もあり、
それぞれの震災についての捉えについて考えさせられます。


いまだ死者とかぞへられざるひとびとの十一日の集中捜索        
             梶原さい子

踏みとどまるために踏まれて汚されてなほ捨てられぬここがふるさと   
             小林真代

五年といふ長さを思ふ ちひさなる犬の五年は人の三十年        
             斎藤雅也

人々を救ひし青き歩道橋ペンキうすれて錆の増えたり           
             武山千鶴

忘却を許されてあれば四年目にしずかにベビーブームはありたり     
             三浦こうこ



私個人がくっきりと感じたのは、
津波被害の大きい二県と、
原発事故があった福島の人たちの
歌の雰囲気の違いでした。

福島の人たちの詠んだ歌には
どうしようもなさ、やるせなさ、そして不安のようなものが
今も当時と同じ圧でにじみ出している。
福島に住んでいる自分にはそのことに非常に共感しながら
拝読したのでした。

1年ずつを次の年にむけて、どんな歩みをされるでしょうか。
思いをその都度形にしていくのは
とても苦しい作業かもしれないけれど、
続けてほしいとも思う一冊です。

同時にわたしも福島の、この今を詠んでいこうと思いました。







2016
08.06

小紋潤歌集『蜜の大地』を読む

心の花に所属する小紋潤さんの歌集『蜜の大地』。
永らく歌集関連の出版社に勤めておられ、
装幀家としても著名で、様々な歌集のおもてを
壮麗にかざってこられた方として深く印象深い方です。



朱き実を捧げ持つ木の大切を思へば残されてある歳月よ

リラの花終りていつかしづかなる街の並木に沿ひて歩くも

優しさはひしめくごとき葉牡丹のむらさき濡らしゆく時雨かな

ふるさとに帰り来たれば夏日なり貧しく枇杷の実の熟れるとき

肩車よろこぶ声は父よりも高きところに麒麟を仰ぐ



タイトルは聖書の文言より。
祈りに似た静かな詠風、だが確かな描写が心を打つ。

私は以前、小紋氏に私家版の歌集が存在すると聞いたことがあって、
それを入手したかったが、できなかったという事がありました。
それらの作品はこの歌集に含まれているのか? 

非常に長い歳月の間に
つくられた歌がこの一冊に詰めてあるので、
私家版歌集のゆくえも触れてほしかったと個人的には思う。


出版を果たした歌集と歌友の力。
そんなことも感じられる力強い歌集です。

2016
08.05

『短歌研究』8月号・「夏断」20首

Category: My works
現在発売中の『短歌研究』8月号に「夏断」20首を掲載いただいています。

「夏断」は季語でもあり、死者を悼む意味で使われる言葉です。

かの震災へ、そして掲載号となるこの8月号という意義を考えて作品にしてみました。






8月号では戦後71年に関連した特集「七十一年目の八月」が組まれており、

様々な年代の歌人が多岐に亘ってエッセイや作品を寄せておられます。


戦後という言葉が危うく聞こえる現在、

貴重な特集であると考えます。

ぜひお読みになってください。
2016
07.18

7月に思うこと・「短歌にとって人間とは何か」

Category: 思フコト
岩手県の日本現代詩歌文学館が発行する館報77号に
角川『短歌』の編集長・石川一郎氏が寄稿している。

石川氏はここで、かつて行われた批評家・小林秀雄と数学者・岡潔の対談
(『対話 人間の建設』)より)に触れ、
彼らが、ものを考えている人間がうまく問いを出せていないにもかかわらず、
答えばかりだそうとあせっている現状と、問いの大切さについて改めて指摘している。

例えば氏は『短歌』の編集に、やはりこの「問い」を大切にしていると続ける。
それは既刊誌面の特集となった「短歌にとって人間とは何か」に結実し、
また「短歌とは何か、読みとは何か」という通底する主題に繋がっていると述べ、
さらに模索していきたいとしている。重要な指摘である。

「短歌にとって人間とはなにか」という問いは、
ここ最近に勃興したのではない、一定の流れを示すものだ。
ある方位において主体の位置づけを攪乱した作品群が流行する中で、
この「人間」という主体を問い続ける動きはひそやかにかつ確実に存在してきたのだ。

最近の著書から。

「今の人たちが人間への関心から離れてることが私としてはつまらない。
人間くらいおもしろいものは、ないじゃないの」
                  『寂しさが歌の源だから』馬場あき子(角川書店)

「短歌は自分の現在や過去を記録するものではなく、自分の未来の生をつくっていくものだと、
かすかながらに確信していたということ。
自らの『いっさいの生』をあらわにし、あらわにすることによって新しい生をつくってゆく。」
   
「日ごろから、自分にとって歌を作ることはどんな意味があるのかといった
問いを抱いていることが必要であると思われる。始終、問うともなく、問わぬともなく、問い続けていなければならない」

                  『短歌講座キャラバン』阿木津英(現代短歌社)

人間、生、そして問い。馬場氏も阿木津氏も、根底には同じものを流している。
それでも、もうブラキストン線が引かれて、あちらとこちらにわかたれたような現在に、
この問いはまだ、問いかけの力を遺しているだろうか。継続して考えたい。









back-to-top