FC2ブログ
2018
07.30

7月に思うこと・『美しい顔』の現場性

北条裕子さんの小説『美しい顔』が芥川賞候補になり、
「盗作」騒ぎによって? 受賞作よりも話題をさらったまま、落選した。

この顛末は各所で述べられているので、触れるのは控えたく思うのだが、
震災で被災した者にしてみれば、唖然とするほかなかった。
その唖然の内容は、「盗作」という疑惑が現れたことではなく、
作者が「経験していない・現地に行っていない」ということが、
当初から疑惑以前に大きくクローズアップされていたことだ。

経験しないで、こんなにかけたのか、
経験しないので、やっぱりこの程度なのか
経験したのに、この程度なのか、
経験したので、こんなに書けたのか。

この四択でしかないのが、不寛容な感じがする。

三浦綾子氏の『泥流地帯』『続・泥流地帯』は、
かつての北海道・十勝岳噴火に材をとっていて、
三浦は取材に現地に行って、被災された方たちに話をきき、
詳細に記録をあたっている。(参考文献は記している)

しかし、作品化された『泥流地帯』は、
むしろ、ほとんどを登場人物たちの人物描写や性格付けに費やしていて、
泥流に襲われるのは巻尾の僅かな部分である。

描かれるのは、人間たちの平凡な、
(しかし個々にとっては己の生と格闘する日々でもある)
営みが一瞬にして無になる、
無に帰した人は、それ以降どんな風に生きるのかいうことが、軸である。
泥流に襲われることは、「無に帰す」ことのギミックでしかない。
(究極には、十勝岳噴火そのことである必要性はない)

『泥流地帯』がお手本であるとは思わないけれど、
災害を扱った作品として比較すると、骨格がよく見えてくると思う。

主題は描出の向こう側にある、と言いたい。
しかし、今回の作者は、そこへの到達もなかったし
(このことは選考総評で指摘されていたように思う)
評価する側も作者の「経験の有無・現地を踏んだか否か」ばかり気にしていたようのではないか。

短歌の世界も経験尊重だったことを考えれば、
通底するところは同じで、嘆息しかない。
どんな歌材を扱おうとも、材の向こうに何を見ているかなのだと思う。

今回の1件で、ますます震災を描く試みは遠のくのではないか。











2018
07.30

田口綾子さんの歌集『かざぐるま』を読む

「まひる野」に所属する
田口綾子さんの第一歌集『かざぐるま』(短歌研究社)が刊行されました。





背筋の通ったひとが、その背筋の直さゆえに
なにかぎくしゃくと軋むような痛みをもって、
現実とむきあっているような歌歌が綴られています。
そんな日々が少しずつ、明るい方へ歩んでいく、
更新もまた含まれていく幅の大きい歌集だと思います。


ひとりひとり紙ひかうきの折りかたがちがふやうに日は暮れゆくものを

かつて受けし授業と今からせむ授業 心に隣り合はせて置けり

未来とは思ひ描くものでしかなく水切り籠に食器を重ぬ

あと一首なの、と丸まりをれば夕飯の米とぐべしと立ちたり君は

全粒粉(ぜんりふふん)か、全粒粉(ぜんりふこ)かを争ひて食後にそれぞれ開くGoogle


自分は上のような歌に心を惹かれました。
「他」という存在が現れることで、
「自」はいきいきと動き出す瞬間・時間を得るのだなと思います。

青春性とくくるのは早計の、
溢れるばかりのゆたかな歌集だと思います。



2018
07.07

りとむ短歌会誌『さんごじゅ』を読む

りとむ短歌会の皆さんが編まれた「さんごじゅ」。5月に刊行されました。
結社内の同人誌ということになるのだろうか、
16名の皆さんが作品とエッセイなど寄せている。

印象的なのは、それぞれが自らの歌をいきいきと追求していくような姿勢だ。
勢いのようなもの、熱気のようなもの、冊子としてのかたちにまとまって刊行されることが
とても豊かに感じた。

湖になりたい夜は目薬をやさしく点してみなよ、ためしに   
                             越田勇俊

白シャツにアイロンかけてあたたかい雨の日曜言葉はいらず
                             里見佳保

そういえば、恋人ときたことがない三崎で掬うジェラード はつなつ
                             高橋千恵

嘘ばかり詠んできたけどまあいいか春のあくびにしびれたからだ
                            滝本賢太郎

おにぎりの鮭と梅とを分け合ひて妻はこくりと味噌汁飲めり
                               田村元

傘の骨どれもが強く張っている雨音高く短く響く 
                              樋口智子

応酬の修辞にこころ奪われて問うべきミューズ逃さぬように
                               和嶋勝利

とくに心に残った歌歌。
参加されている皆さんの一人一人が豊かで独自の世界を持つ。
そうした枝枝の一本からなる珊瑚樹・・
読むことができて、やがてゆたかな幸せが訪れるような一冊です。
2018
07.06

嵯峨直樹さん歌集『はじめての火』を読む

「未來」短歌会に所属している
嵯峨直樹さんの第三歌集『みずからの火』(角川学芸出版)が刊行されました。




1ページに1首が置かれていて、1首ずつの重みが伝わります。
都市生活者にある官能・感覚が、自然物を伴って描かれる。
巨大な街にちろちろと燃えるような自我、
まさに「みずからの火」を燃やして人は生きるのだと感じます。


ひかる街のけしきに闇の総量が差し込んでいる  空に月球

琥珀色の水滴の膜ふるわせて夜の市バスの窓のきらめき

スシローの賑やかだった更地には茎にからまるような秋の陽 

雷帯びた雲くりかえし潜らせてほつりほつりと綻ぶ身体

うす紅の空の底部を擦りつつ車のひかり街をつらぬく


言語のもつ幅や、
一首のなかでの語句同士のパイの配分のようなものを
よくわかり合って成立している作品群だと思う。
ていねいな歌だけが収められた「みずからの火」
とても読み応えのある歌集だと思います。




2018
07.06

6月に思ったこと・村上春樹氏の短編小説をめぐって

Category: 思フコト
月1回の「思うこと」、
6月に挙げるはずがずいぶん遅くなってしまいました。
以下、思うところ書いていきます。

六月七日発売の文學界七月号に、
村上春樹氏の新作短編「三つの短い話」が掲載されている。




なかの「石のまくらに」という作品には
短歌がモティーフとして使われている。
ざっくりとしたあらすじはこんな風だ。

 「僕」が二十歳くらいのとき、
アルバイトの同僚で二十代半ばの女性と一夜を共にする。
その女性の同僚は少し風変わりで、短歌を書いているという。

読みたいという「僕」の願いによって、
一週間後、「僕」の家には自作の歌集が送られてくる。
糸で綴じた限定部数の私家版の歌集である。
以来、女性とは二度と会うことなかったが、
「僕」は読み返して女性を想う。
 この作品中の短歌は、たとえばこんなものだ。

石のまくら/に耳をあてて/聞こえるは
流される血の/音のなさ、なさ

今のとき/ときが今なら/この今を
ぬきさしならぬ/今とするしか

やまかぜに/首刎ねられて/ことばなく
あじさいの根もとに/六月の水

 一読、短歌に親しんだ人なら違和感を覚えるに違いない。
表記自体や句またがり、
そして内容についても意味がとれないのである。
二首目は有限な今という時間を、
三首目は斬首のイメージが濃厚で、死を連想させる。
そもそも石枕は古墳時代に死者の葬りに使用された事実もあるから、
ここでの「石のまくら」はそうでないにしても、死のイメージは想起できる。

作中の「僕」は、
「僕の心の奥に届く何かしらの要素を持ち合わせていた。」というのである。
この主人公の「僕」が提示する読み方に従って、
そのように機能するように、
作中の要素として「僕」たちのエピソードと連結して置かれている、ということになる。
 ここで二つのことを考える。

一つ目は、作品中に挿入された短歌が、
同僚の女性を投影したものとして機能しているかどうか、である。
読み手が登場人物のエピソードを読んできて、
挿入された短歌の部分と連結するときに、
挿入された短歌は、前述までの人物像を補強するものであるかどうかである。
今回の小説の場合、少なくとも、同僚女性の人物像にあわせて、
意図的に奇妙な感じの短歌に仕上げてあったとしても、
なお連結するのに有効な仕掛けとはいいにくい。

もう一つは、かの『源氏物語』がこの「石のまくら」と同じ方法をとっていたということだ。
『源氏物語』の場合、各登場人物の人物像と
挿入された和歌は完全に連結している。
すなわち、挿入和歌以前に述べられる登場人物の心情や状況と、
そのあとにくる歌に齟齬がない。
相互に補強しあう関係を持ち、連結して物語世界をより深みのあるものにしている。
今回の連結の方法は、
あるいは散文と歌、詞書と歌、歌と歌といった連結の方法にも応用することはできる。
相互に補強し合い、それぞれ連結して無理のない流れをつくることは、
作品世界の完成度を高めるために必要なものだ。

少し前、歌の世界をにぎわしたフィクションの問題についても、
遡って同様なことが言えるだろう。
つまり、フィクションとして作品を提示するならば、
隙間のない、完璧な連結が必要となる。

しかし今回の村上氏の作品は、
とりわけ短歌をやっている人にはなかなか受容が難しい「歌」だった。
あるねらいがあったとしても、成功しているとはいいがたい「歌」だった。
(一般の読者のなかには、「女性」のキャラによくあっているという評価もある模様)

作品を多く流通させることは、なかなか難しい。
back-to-top