2017
09.18

9月に思うこと・電気羊の詠む歌

Category: 思フコト
近頃、こんな本を読んだ。



「日本を代表するSF作家たちが人工知能を題材にショートショートを競作し、
それを「対話システム」「神経科学」「自動運転」「人工知能と法律」
「環境に在る知能」「人工知能と哲学」「ゲームAI」「人工知能と創作」の
8つのテーマ別に編集、
テーマごとに第一線の研究者たちが解説を執筆した画期的コラボ企画。」

というふれこみ。この小説自体はAIが執筆したものではないのだけれど、
近未来がリアリティをもって迫ってくる。
自動車の自動運転も実現に近づいている今、文学作品とAIとの共存というのも、
この本に依らずとも、いよいよ現実味を帯びてきたのではないか。

こんなサイトもある。「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」
https://www.fun.ac.jp/~kimagure_ai/index.html
昨年には星新一賞にAIが書いた文学作品が一時通過したニュースがあった。

これまで短歌の世界では自動短歌生成装置「星野しずる」が著名だった。
星野を形成する多くの語彙は、作成者の語彙環境に多く依存してきたと思う。
今、ここからさらに一歩進んで、ひとりの人間となって主体を構築し、
短歌を綴っていく、歌集単位のAI作家が現れたとしたらどうだろう。

氏名を伏せて審査される新人賞は、
もはや虚構か真実かを案ずるレベルではなく、
(なぜなら、作者自身が虚構なのだから)
審査軸を根本から変革することを余儀なくされるだろう。
さらには著作権の問題も新しく付加されてくるだろう。

10年先、20年先まで見つめて、
私たちは短歌にどう関わっていくべきか、改めて考えさせられる。







2017
08.21

8月に思うこと・勝ちにゆくということ

Category: 思フコト
いろいろな場、とくに競い合う場で選をする立場をいただくようになってから、
いつも思うことがある。

参加者の方たちからはからずも声を漏れ聞く機会もあるのだが、
そのなかで「勝ちにいく」という言葉がある。

選ぶ・選ばれる場にあれば当然なのだが、
どうしてもそこに選ばれたい、戦いなら勝ちたいという欲が出てくる。
そうすると、それが意識・無意識のうちに歌に出てしまう。

「出てしまう」とはどこからそんなことを言うのか、と訝しむ向きもあろう。
はっきりでている歌を示せ、エビデンスを示せという方もあろう。
もちろん言葉として発せられるときもあるし、
歌の場合は具体的にどう、ということではないが、
我欲のようなものが存在するのが分かる、ということだ。

人は誰しもよいことがあればうれしい。
歌会での高得点、入賞、勝利、それはだれでもがうれしい。
競い合うことで高められるものもあるだろう。
だが歌を作る上でそのことが主たる目的になったとしたら、
あまりにも悲しくないだろうか。
やはり一度は「勝ちに行く」歌を作ったとしても、
そこから抜け出してゆかなければ、歌の道は不幸なものでしかない。

こんなことを考えるとき、
私はいつも山本周五郎の「鼓くらべ」という掌編小説を思い出す。

鼓の名手とうたわれた男がある日、競い合いの果て、
相手の鼓の皮を割るほどの気迫をみせて優勝する。
しかし、栄誉を手にしたはずのその男は、
その後自らの腕を折って、行方をくらます。
後年の物語が前後にあるのだが、
なぜこの男が鼓を捨て、自らの腕を折ったのか。

(このサイトでは全編が読める。)
https://www.douban.com/group/topic/15118691/

選という行為に、この話を思い出す。
願わくば、さらに「勝ちにいく」価値から進まれて、
自らの文体を掴んでほしいし、自分もまたその途上であることを記したい。

2017
07.26

「羽根と根」6号を読む

若い歌人たちが編んでおられる同人誌・「羽根と根」6号。
もう6号にもなるのだと思う。
参加している人たちの不断の努力があってこそ、
6号まで続け、そして刊行していっているのだろうと思います。

今号は歌作品と、中津昌子さんと寺井龍哉さんの前号評があって、
とても読みごたえがあります。歌歌にも佳品が多い。

ゼラチンに匙をさしこむ羊水のさらに増えたる姉と並んで
                          坂井ユリ

入口のとこで待ってる盛り塩の器にガムが吐き捨ててある
                          中村美智

サイダーで君の手指を洗ってく錆びた水道場にすわりつつ
                          橋爪志保

言い過ぎてしまったことを朝方のしめった草に触れながらおもう
                          阿波野巧也

貧乏にならないために買えなくてすべるすりへっているヒールは
                          今井 心

使い捨てマスクの中の舌打ちがなかったことになる向かい風
                          佐伯 紺

雨水が垂れてくるのをさけながら高架を抜けて駅があるはず
                          牛尾今日子

関係を名づければもうぼくたちの手からこぼれてゆく鳳仙花
                          佐々木朔

それぞれの人の歌。
小さな気づきと毎日、ということに少し立ち止まる、考えることが
とても苦しいし、あるいは無駄だし、またはとてもかけがえのない。



ご紹介が遅くなってしまったことをお詫びしたい。

参加者の皆さまが、ご自分の歌の道を灯しつつ
颯爽と歩まれてゆかれることを祈っています。






2017
07.25

遠藤由季さんの歌集『鳥語の文法』

かりんに所属する、遠藤由季さんの第二歌集『鳥語の文法』(短歌研究社)。
第一歌集『アシンメトリー』から7年ぶりの歌集です。
1ページずつ捲っていくと静かで、でも芯のある歌歌に出会います。




風立ちてわが額へと注がれる落ち葉の痛し洞ならざれば

鬱の字を一画ごとに摘まみ抜き息吹きかけて飛ばしてみたし

ガラス戸に翳り映れるわが顔もわが顔 鳩が白く過ぎりぬ

感情が苦く逆流してきたり梅の枝ぎしぎし空へと伸びて

スカイツリー届かぬものを最初から視野に入れない生き方もある


世の中の具体的な事象について声高に叙述するのではなく、
身めぐりの思いや関りを細部まで見つめて成立した歌集です。

一首ずつが確実に立ちあがり、しっかりと読ませる作家だと思う。
全体に重い雰囲気なのは、否定形、または否定的な要素を
多用した文体にあるのかもしれない。
ここに挙げた歌にも「痛し」「鬱」「翳り」「逆流」「届かぬ」「入れない」などが見て取れる。
それは、やはり作者の実際の心象が反映しているからなのかなと感じます。

大地をしっかりと踏みしめて立つ女性を見るような歌集。
ぜひお読みください





2017
07.18

7月に思うこと・場の要素

Category: 思フコト
ここ何回か、自分の所属以外の歌会、勉強会に参加する機会があった。
といっても、私の短歌の周囲は、私よりずっと高齢の人たちに限られ、
若年層と触れ合うことのほうが少ない。

ある歌会では、10人前後の人たちが
事前に提出した詠草をもちよって、
添削あり、よい歌の選あり、実に楽しく、いきいきと参加していた。
この会には指導者的立場の人があり、
参加者の様子や運営全般にもさりげなく目を配っている。
そんな心遣いからか、非常に雰囲気がよい。
理想的な形式だと感じた。


歌会はさまざまで、参加者が持ち込むささまざまな要素が歌会という場を方向づけていく。
がっちりやりたい人、上から目線の人、友達作りも同時にしたい人、
読みを聞きたい人、発言は苦手、などなど、
人の数だけ歌会のかたちがあり、かたちはかたちを作っていく。

私が見たのは奇跡的な均衡のとれた歌会であつたのかもしれない。
それは世をこなれた年齢の人々ゆえ、ということもあったかもしれない。
私はこの年になってはじめて、理想的な歌会を見た気がしたが、
これまでも自分に合う歌会に出会う、ということは案外に難しく、
とてもよい雰囲気の歌会に出会ったとしても
そのうち子育てや介護などのライフイベントが重なって、出かけること自体できなくなった。

歌会に行くことができること、それはなんとすばらしいことだろう。
自分の求める歌会に出会えるまで
ドクターショッピングならぬ「歌会ショッピング」をしてみたらよいのかもしれない。




back-to-top