2018
04.11

山川藍歌集『いらっしゃい』を読む

まひる野の山川藍さんの第一歌集、『いらっしゃい』が刊行されました。



帯文は津村記久子さんが寄せておられます。
山川さんの歌は一読して、とても面白い。
主体の内面の声が表されているから、
それが読み手にも聞こえてくるという構成になっていて、
しかも視点が確かであるからだと思う。

そしてなぜ面白いのかを考えていくうちに、
それがあらゆる方向から見て対象の真実をずばりと言い当てているからだと感じました。
真実が見えてしまう者の苦しみ・おかしみ・かなしさ・鋭さは、
表面的には「笑劇」でありながら、深層としては「悲劇」であるとのではないかと思うのです。


なんだあのカップル十五分もおる「あーん」じゃないよ あとで真似しよ

待ち合わせ場所は北条早雲の像この人は誰なんだろう

大騒ぎしてすみませんと唐突に言い大騒ぎした人になる

徳が足りないので菓子を落とすときいつでも床のほこりの上だ

かっこいい 人間みたい 人間は かっこよくない シルバーバック 



山川さんの世界がとても豊かできつくて、ぐっと引き込まれます。
多くの人にお勧めしたいと思う歌集です。


2018
04.10

及川俊哉詩集『えみしのくにがたり』を読む

詩人・及川俊哉さんの最新詩集『えみしのくにがたり』が刊行されました。


『ハワイアン弁財天』に続く第二詩集です。

及川さんの出身地・・現在地である東北について、
かの震災を経て、土地に生きること、生き継ぐことのありようを
詩の方法を駆使してゆたかに描き出されています。

四章にわかれるうち、自分がとても魅力的に感じたのは

三章の東北方言を使った作品群で、

一人称・口語の語りが醸す肉感のようなものは

身近に東北に生きる人間の体温を

感じることが出来るありかたであると思う。



ほんとのこと、
いわねばねど
思ってんだげんぢょ、

ほんでくてねな。
(中略)

もは風ェコさはなすよんた気ぁするじゃ!

                                「風の対話」



(詩の世界では引用をどの程度にしてよいか、少し遠慮気味にしてみました)

「くにがたり」とタイトルにあるように、「かたり」は人によってしか成し得ず、

「かたりつぐ」こと・「かたりあらわす」こともまた人によってしかできないだろうと思う。

ナラティヴと通じるものもありますが、ここで見えてくるのは

人間の生きることそのものの力の放出であると思う。




生の迸りが「かたり」としての理知的なかたちを持つとき、

この詩集が生まれていたのだと思います。

ぜひお読みください


2018
03.21

3月に思うこと・型のなかの型

Category: 思フコト
岩手・北上市にある
日本現代詩歌文学館が発行している、館報「詩歌の森」。

このほど発行された第82号から、
短歌時評を加藤治郎氏が担当している。
第1回目は「景と思索」。
現代短歌の動向を、最新の歌集から改めて照射する論考だ。

ここで加藤次郎氏が言うのは、
実景に主体の思索を織り込む方法論の一つ。
きわめてオーソドックスな希求である。

筆者がはじめ意外に思ったのは、
その主張を加藤氏がしていることだったが、
しばらくして、それは表面的な見方であるのだと改めて打ち消した。

口語短歌の最前線の牽引者として、
あるいは若い歌人の卵を孵化させるキュレーターとして、
つねにアップデイトしている加藤氏の根底には、
しかしやはり従来からの短歌の基礎が厳然としてある。

いわば定型の上に、さらに表現の定型が生きているからこそ、
読めるし詠めるのだ。そしてこの論考は
改めて短歌という詩型を考えさせる論考であったと思う。

巷に横溢する「短歌」とは何か。
もう一度深く問うてみる必要があると思う。


2018
02.26

角川「短歌」3月号・歌集評

Category: My works
現在発売中の角川「短歌」3月号に
高野公彦さんのインタビュー集『ぼくの細道 うたの道』(本阿弥書店)の
評を書かせていただいています。

本書は栗木京子さんがインタビュアーとなり、
歌人・高野公彦さんの歌人像に迫る充実のインタビュー集となっています。

読みどころは、高野さんの肉声が、そのまま誌上再生されているところ。
うたへのあたたかさ、情熱がそのまま読者に伝わってくるようです。
歌人の評伝もひとつの方法ならば、インタビューもまたひとつの方法なのだなと思います。
ぜひお読みください。
2018
02.23

日本近代文学館 「震災を書く」

Category: My works
東京・駒場にある日本近代文学館で、
2月20日から「震災を書く」が開催されています。(3月24日まで)。
↓↓↓
http://www.bungakukan.or.jp/cat-exhibition/cat-exh_current/9783/

詩・短歌・俳句・小説、ノンフィクション分野で表現に携わる人たちが
直筆で作品を寄せています。
高木も3首、2013年に続いて、
新たに最近の感慨をもとに墨書したものを寄稿させていただいています。
文学館の皆さまには、このたびもあたたかく様々にご配慮いただきました。
記して御礼を申し上げます。

震災も原発事故も、私たちにとって決して過去のものではありません。
それどころか、いまもはっきりと続いているといっていいと思う。
それは今、あからさまな差別や偏見というかたちで現れています。

私たちは喪失の悲しみに加えて、
人の負の心とも戦っていかなくてはならないのだと
暗澹たる思いでいることが多くなりました。
しかし、そんなことに折れることなく、生きていかなくてはと思うのです。

お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。


back-to-top