2010
10.01

「地方」歌人の憂鬱

つづき、です。

私がいる地方歌壇は、いま、高齢化が進んでいて、
若年層は極めて少ないのです。

わが県では2名。
なぜ、こうしたことが起こるのでしょうか。






ひとつには、大学進学などで、地元をはなれたまま、
その地で就職などをしているということが挙げられます。
高校までは地元にいるけれども、
進学は他県・首都圏へ、と言う例が本当に多いのです。


on the highway 11 / midorisyu







もうひとつは、組織に入ることへの倦厭指向が挙げられるでしょう。
最近は若年層ほど、しがらみに縛られることをいやがって、
結社や組織を倦厭する傾向が顕著です。



私も結社に所属していますが、
正直、なかなか難しいなと思うことが多い。



徒弟制度にも似た現在の結社制度は
既に現在の人々にマッチングしていないのではないか
と思うことがたびたびあります。

もちろん、家族的なところもあって、
人と人とが温かく結ばれてゆくところは
現代では珍しいくらいの場所でもあると思うのですが、


結社にもそれぞれ一長一短がありますね。




Pencils from 1960's years - Budapest, Hungary / takacsi75



この個人誌は、私自身の、
無人島のような文学的状況から
メッセージを発信したい、と
いう思いから創刊しました。



つたない雑誌ですが、
こうしたこともふまえて
読んでいただければ幸いです。






Comment:0  Trackback:0
2010
10.01

個人誌「壜」、まもなく創刊します。

個人誌創刊することにしました。

名前は「」です。

photo61.jpg







メッセージボトル、というのがありますよね。

手紙をにつめて、海に流す。
あてどなく海をながれて、
いつかどこかに流れ着き、
誰かに読まれること。


そんな願いをこめて、名付けました。




3967691328_36750410f3_m.jpg






結社のほかに、同人誌にも参加していましたが、
どうしても受け身になりやすく、活動は低調ぎみでした。
また、現在私のいる地方は高齢化が進んでいます。



このまま、ひとりぼっちであきらめて
しまうことはやめよう。
あーあと言っているのはやめよう。



たちあがり、
この東北から
文学を発信していこうと決めたのです。

どうか、一人でも多くの方に
わたしの流した『』が届きますように。


まもなく、創刊します。。。



back-to-top