2011
06.29

ここまでのまとめ。

Category: 壜のなかみ





28日、東電や各電力会社の株主総会で、「脱原発」が否決されたという事実は、
わたしを取り巻くいる環境が「脱原発」の色が濃かっただけに、
ああ、やはりわたしの属している「層」も、
小さな・薄いひとつの層に過ぎないのだ、と感じました。

原発あっての経済利権から、フツーの人々は脱却できないのです。


原発事故をふまえて安全強化しましたから、うちは。
ああ・・大丈夫ですよね。千年に一度の災害だったというし。
よろしくどうぞ。という感じなのでしょうね。

まさに他人事です。



すでに数日前からの熱中症搬送車も過去最高だとか。
やっぱり節電ムリ。脱原発ムリ。という
流れになるのでは・・と静かに思っています。


沖縄の基地移設問題の時もそうだったように
すべてはうやむやで終わるでしょう。




節電も脱原発も今夏のブーム。
「ただちに影響はない」は今年の流行語大賞。
それが今の日本。