2011
09.27

壜#03 ができました。

壜三号 002

壜#03ができあがりました。

震災から、このように三号を発行できますこと、
あらためて御礼申し上げます。

今回は3月の震災と短歌表現について、さまざまに考察しました。
思いがけず被災者となったわたしの立ち位置と
作歌するにあたってひりひりと感じてしまう
「当事者」「自粛」「表現」の問題について書きました。


「天罰」といった知事が、
「知恵を出さないやつは助けない」「放射能つけちゃうぞ」といった大臣が
辞職したのはなぜでしょうか。そこに何の力が働いていたでしょうか。


言葉による表現と私たちが震災後に自他共に課している
「縛り」=「纏足」(という言葉を使っています。)
について考えてみました。


目次

短歌 kylie eleison

評論 震災と表現

歌評 石川美南歌集『離れ島』『裏島』を読む

編集後記



頒価500円(送料込み)。

追記*3号頒布分は完売いたしました。(10/8)
ご希望くださいまして、本当にありがとうございました。


第4号は2012.3月発行の予定です。

ツイッターとブログでお知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。









Comment:0  Trackback:0