2012
04.29

石川美南さん歌集『裏島』『離れ島』批評会へ

Category: 歌の会
昨日のことになりますが、
石川美南さん歌集『裏島』『離れ島』批評会へ行ってきました。


【日時】4月28日(土)1時30分(1時10分会場)~16時45分  2次会17時30分~
【場所】中野サンプラザ7階 研修室10 →地図
【内容】第一部:パネルディスカッション(敬称略、50音順)
    大井学(司会)、今野寿美、斉藤斎藤、関悦史、高木佳子
    第二部:会場発言
【会費】批評会=1000円 2次会=5000円


会場は100人以上の満員御礼。
あらためて石川さんのファンの多さに驚くばかり。
きっと熱烈な方は、こんなに大勢のファンを目にして、
自分だけの石川さんではないことに嫉妬を覚えるのではないかしら、と思うほどでした。


私はパネリストの1人として読解の一方法を提案?してみましたが、

読者によって様々に読まれる幅の広さを持った歌集
であることをつくづく感じました。

だからこそ自分の「読み」が的を得ているか、
また他の人がどんな「読み」をするのかということに
読者それぞれがとても興味を抱く歌集なのだな
と改めて感じた次第です。

通常の歌集であればある一定の「読み」に落ち着くと思うのですが、
この歌集はパネリストそれぞれに読後感が分かれました。
それだけ多様性が生み出せると言うことなのでしょう。



5月27日には京都でも批評会が行われるとのこと。
とても興味深い。
そこでもどんなお話がなされるのかぜひ聞いてみたいものです。


とても佳い会でした。

本当にありがとうございました。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top