2016
08.16

8月に思うこと・シンポ『「短歌」はどういう「詩」か』を聴講して

Category: 思フコト
8月13日に東京・青山で行われた、
『「短歌」はどういう「詩」か』のシンポジウムに参加した。
シンポジストは花山多佳子・斉藤斎藤・永井祐の三氏。

森岡貞香の歌を読みながら、
短歌という詩型についてあらためて思考を深める。
三氏の森岡貞香の歌の読み解きは、
三氏それぞれの日常の思考と個性が出ているようでとても面白く
そして興味深く聴講したけれど、少しだけおや、と思った部分があった。

議論は森岡の歌に見られる特有の時間・空間の扱い方、
「われ」の在り方にも論は及んだが、
たとえば、このシンポでは作家論的なものとしてではなく、
作品・歌の構造のみに着目するゆえに、
歌集に掲載された歌をひたすら解読する方法をとっている。
(最終的に短歌とはどういう「詩」なのか、を考えるための材として)

森岡は、歌集に収める際に、手元の歌を、初出から大幅に手を入れ、
各歌の順序も、もう一度再構築して
ほとんどまったく新しい編集がなされたものが決定稿となる。

一首ずつを細長い短冊状の紙に書き記し、畳の部屋一面に並べて
歌集の構成を練っていたという話もある。
森岡の場合、一冊の歌集は、
それまでの歌をアルバム的アーカイヴ的に収めたものではなくて、
一冊独立の作品集として在るのだ。

この編集のしかたは、ある程度森岡の歌に入り込んだことのある人なら
ありふれたエピソードとして流通していると思われるのだが、どうだろうか。

森岡の死後刊行された三冊の歌集(『九夜八日』・『少時』・『帯紅』)は、
ご子息が編まれたために、森岡本人の手を経ていない編集前の原本そのままである。
存命中の歌集と死後の歌集では森岡本人の認識の負荷がまったく異なる。
ゆえに、これらの歌集すべてを同一直線上に並べて
論じるのはいささかせっかちな感じがある。

さらにいえば、編集前の初稿と決定稿(歌集)との歌の間に
森岡の明確な意図が必ずかかっているので、その変容を比較することで、
より容易に歌の構造部分が明らかになったのではないか。
たとえば


この海星の場合 港灣に突き出でたるconcreteのうへにて死せり
                                 「百乳文」

という著名な歌も、初出は


海星らの仕方なき死(しに) 海側に向きてくづれしconcreteのうへ
                     「短歌現代」昭和54.10

となっており、初出がほぼ率直な観察の結果としての歌となっているのに対して、
決定稿「百乳文」での歌というのは、「場合」=case という
生の一場面が著しく抽出されたつくりになっており、
森岡の強く意識するところがくきやかに見えてくる。
また、「百乳文」の歌は破調だが、初出のほうが破調して居らず、定型を護ってすすむ。

このような例は、丹念に初出をあたっていけばいくらでも見られるのであって、
このような事例からアプローチする方法が見られなかったのは
私個人からすればすこしもどかしさもあった。
しかし森岡貞香の作品研究会ではないのだから、当然といえば当然であるか。


次回は、折口信夫(釈迢空)を材として考察をすすめるとのことが
会の終わりに予告された。
折しも角川ソフィア文庫から『釈迢空全歌集』が6月に出たばかりである。



岡野弘彦氏の編で、丁寧な解説が付く。
これを読んで予習しながら次回を楽しみに待ちたいと思う。










back-to-top