2018
02.26

角川「短歌」3月号・歌集評

Category: My works
現在発売中の角川「短歌」3月号に
高野公彦さんのインタビュー集『ぼくの細道 うたの道』(本阿弥書店)の
評を書かせていただいています。

本書は栗木京子さんがインタビュアーとなり、
歌人・高野公彦さんの歌人像に迫る充実のインタビュー集となっています。

読みどころは、高野さんの肉声が、そのまま誌上再生されているところ。
うたへのあたたかさ、情熱がそのまま読者に伝わってくるようです。
歌人の評伝もひとつの方法ならば、インタビューもまたひとつの方法なのだなと思います。
ぜひお読みください。
back-to-top