2010
10.11

馬場あき子さんをお迎えして・福島県短歌祭・2

Category: 歌の会
この短歌祭では、楽しくもうれしい邂逅がいくつもありました。


201010101939000.jpg
携帯で撮ったので、画像がよくありません・・


「心の花」の本田一弘さん。

地元会津若松市在住なので、

今回はホスト役です。

受付を手伝ったり、道案内したり、

会場の写真を撮ったり・・・

とても忙しそうにしていらっしゃいました。




そしてそして。

アブダビからこの夏、

帰国されたばかりの「かりん」の斎藤芳生さんと、

同じく「かりん」の編集委員、大井学さんにお会いすることができました。



今回の馬場さんのお供でいらっしゃいました。。

斎藤さんは瞳のかがやきがとても印象的な女性でした。

大井学さんはユーモアたっぷりな洒脱な方です。

むずかしい評論を書いていらっしゃるイメージでしたが、

とてもたのしい時間を過ごさせていただきました。




大井学さんは二本松市出身、

本田一弘さん、斎藤芳生さんは福島市出身です。







福島県は高村智恵子と光太郎を育んだところ。

文学的土壌はある。

その確信を肥沃にしていくこと。

がんばっていこうと心新たにしました。


トラックバックURL
http://seabottle.blog103.fc2.com/tb.php/10-7f17c08a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top