2016
01.08

壜#09 を発刊しました。→2016.1.15完売しました☆

壜#09 を発刊しました。
今回は、特集を「文学と政治」について設定し、
戦後七十年として抽出されていた昨年の動きに照準をさだめて
短歌の表現にいて考えています。

また、自分の住むいわき市の、朝鮮人炭鉱労働者についての
レポートを新しく連載することにしました。
既存の資料と実地調査などを交えて考察していきます。

ほかに短歌作品も「つぼみ」も掲載しました。

目次
短歌 つぼみ

論考 歌という器が容れるもの
原発・安保法制・危機という言葉をきくときに

論考 何が見えていないのか
常磐炭田における朝鮮人労働者の足跡から

あとがき







☆追記その①☆
壜九号、おかげさまで1月15日現在、完売いたしました。
8号までの既刊号もいずれも完売しております。
ご興味をもってくださいまして、ありがとうございました。
重版は、発行人の経済的事情により、予定しておりません。
また、文フリへの参加もいまのところ考えておりません。
あしからずご了承ください。

号を重ねるごとにご購読してくださる方多く、とてもうれしい思いです。ありがとうございます。

次号発刊は5・6月頃を予定しております。
こちらのブログで告知いたしますので、
よろしければ、またのぞきにいらしてください。






☆追記その②☆
近藤かすみさんのブログ「気まぐれかすみ草」にて
ご紹介いただきました!→気まぐれかすみ草
ありがとうございます。自分の、とても励みになっております!
back-to-top