2016
11.17

11月に思うこと・自分の文体を

Category: 思フコト
今年も各総合誌の新人賞が出そろった。

選考過程が誌上公開されているのは短歌界のいいところで、
選考委員のナマなやりとりはいつでも衆目を集めるものであるようだ。

しかし、これも毎年恒例(なのだろうか?)のことなのだが、
選考委員の一言一句に何かしら引っかかる部分があるようで、
ネット界隈ではその文言に対してプチ炎上してしまう。
今年も、であった。

正直、筆者は「またですか?」と思ってしまう。
いや、その口火を切る人は、炎上させることも計算の上でなのかもしれないけれど、
もうベタな流れのひとつでしかない。(いや、炎上じゃなく、
議論ですよという方々も居られるだろう。でも自分にはくだらん炎上にしか見えないです)

新人賞は、賞である以上、選考され、賞をもらう応募作品もでてくれば、
振り落とされる応募作品も必ず発生する。
選考は、編集部によって選考のうえ指名されて受諾した、
たった数人のやとわれ選考委員による価値観の選抜だ。
臨場したその「場」の目に見えぬ流れのようなのもあるだろう。
たった数時間の選考で、、数人の価値観が、その年の「新人」のゆくえを左右する。

「それだけ」なのに、なぜ一喜一憂するのか。
数人の選考委員の歌人全員がそっぽを向いた作品であっても、
実はその他の一般の歌人全員が賛同するすばらしい作品なのかもしれないのに。

自分は選ばれた・選ばれなかった、褒められた・貶されたからといって、
大喜びし、落胆している人こそ、
その「場」やシステムに飲み込まれやすいのだ。

新人賞なんて、長い短歌活動のきっかけの一つに過ぎないし、
ちょっとした通過点に過ぎない。
実際に「○○賞受賞」の勲章を貰ったからと言って、
その後が何一つ確かに確定するわけではない。
その後がダメなら、本人がやめなくても消える。存在感はすぐになくなる。
それだけのことだ。

言動のひとつひとつに一喜一憂するのはやめて、
自分の文体、歌を大切に育てていく時間を少しでもとったほうがいい。
それでも憤るなら、以前にも書いたけれど、正式に面会するなり、
連絡を取るなり、自分からリアルな場での議論の場を設定するなり、
具体的な、生身のコミュニケイトの方法を探ればいい。


新人賞応募から何を学ぶか、模索している人は、
どんな作品が選ばれているかを分析して来年の賞を取りに行くのではなく
選考過程で、委員の言動の中で
自分がよい、ああそうかと思ったところだけを「参考」にすればいい。
それもあくまで、自分の作品への「参考」にしかならないし、しない。
たった数人の「権威ある歌人」の考えなんて、参考にしかならないのである。

作品の価値を決めるのは最後には自分自身なのだ。


ぶれるな。かまうな。
すべては、誰でもない自分の文体を完成させるために。












back-to-top