2017
01.05

染野太朗歌集『人魚』を読む

まひる野に所属する染野太朗さんの第2歌集『人魚』。
ファンには待望の歌集であったのではないか。





しかし、印象はかなり違っていた。
・・・・「印象はかなり違っていた」という読後感はどこから来るのだろう、
というのは、
おそらく、作者である染野太朗さんの快活さをよく見知っているからだろう。

この『人魚』での主体は、どす黒い心を抱え、いつも抑圧されており、
例えば生活は離婚を経たりとうまくいかず、
日常としての性欲も満たされなかったり、すべてにおいて空虚で充実がない。
というよりそんな努力ももう放棄した虚無のかたまりとして主体がある。

そんな主体から産み落とされている歌には、「足がない」。
泳ぎ続けるしかない、人魚なのだ。
とても切ない。

ぼくの知らぬ過去が散らばる 教室の後ろでふいに筆箱落ちて

ぐいぐいと引っ張るのだが掃除機がこっちに来ない これは孤独だ

さびしさに濃淡がありぎんなんのにおいの中を蕎麦屋まで行く

セックスをいくつか思い出しながら満員電車の揺れに耐えいる

さくら咲かぬ春を生きたし水鳥の短い首を見つめるだけの



主体の持つトーンは、全篇ほぼ変化がない。
読み手が期待してしまう物語的な救済はついに現れない。

苦悩というものが、描かれて清らかな装幀に包まれるとき、
この歌集はもっとも残酷な歌集になったのではないかと思います。


back-to-top