2017
02.17

2月に思うこと・傾れる人たち

Category: 思フコト
短歌結社「氷原」の主宰であった、石本隆一氏の
評論活動の集大成、『石本隆一評論集成』(現代短歌社)が出た。

さきに刊行された『石本隆一全歌集』とともに、
紡いできた歌業を俯瞰可能なものとするとともに、
歌人研究もさらに進むことが期待される。

本集は八章にわかれ、歌人論、随想、作歌指導など多彩な内容だが、
このなかでひときわ印象的なのが、
石本が担当していた当時の時評を収めたⅣの「短歌時評集」である。
文芸誌・短歌総合誌・新聞など、その執筆の場も様々だが、
石本の姿勢はつねに一貫している。たとえば


報道記事や映像の単なる印象断片を歌にしつらえて、
進歩的文化人たるための免罪符としようとするものもいるだろうし、
せっかく鬱積しているエネルギーを手軽に排泄してしまう歌人が多くなれは、
本質的に、かえって有害であろう。
めいめいの片隅の生活のなかには、
ベトナム問題以上に凝視して訴えるべきものはないのであろうか。
何よりも短歌はいかなる道具にも供されてはなるまい。
「ベトナム詠」(昭和四二・四)
                文藝春秋「短歌」時評


などと、そのときの社会を揺るがすもなんらかの大きな問題が勃興したとき、
歌壇の人々が容易に一方向へ傾れていく性質を持ちあわせていることへの危惧が見えてくる。

石本が角川「短歌」の編集者であったり「氷原」の主宰であったりという、
ある意味で中庸で広汎な視点を要求される
社会的な位置にあったことを差し引いても、
つねに目の前の「俗」が今、何を欲しているか、
そしてその是非について、を
よく見極める透徹した視点を持っていたことが明らかだし、
この視点は大きく社会が動く現在においても等しく通じる点があるように感じる。

back-to-top