2017
02.22

松村正直さんの評論集「樺太を訪れた歌人たち」「短歌往来」2月号書評

Category: My works
「短歌往来」2月号に、
松村正直さんの評論集「樺太を訪れた歌人たち」の書評を書かせて頂きました。




戦前まで日本の領土であった樺太という土地。
樺太という地を北への憧れをもって
訪問した歌人、在住した歌人、
今では考えられないような親密さで、
さまざまな歌人が樺太と関わっています。

松村さんはその足跡を丁寧に検証しつつ、
やがて自ら樺太へ。
そこには、往時を偲ばせる建造物がそのまま残されていました。

近くて遠い樺太について、深く知り得ることができ、
また土地ということについて改めて考える書評を書かせていただく機会になりました。

ぜひ、「樺太を訪れた歌人たち」、お読み下さい。





back-to-top