2017
03.21

「現代短歌」4月号特集・震災2000日に

Category: My works
現在発売中の「現代短歌」4月号・特集「震災2000日」に、
7首「夕ぐれてのち」を寄稿させていただいています。



震災から七年に入って、
それぞれの歌人に様々な思いがあることを特集では実感できます。
とりわけ、若い歌人の皆さん(東北大学短歌会)と、
心の花の本田一弘さん、塔の梶原さい子さんとの座談会は
必読です。

これを読むと、福島県以外に住む人たちは、
いまだ原発に関する歌に抵抗感が強いことが分かってきます。
福島在住の私たちはどう表現していったらよいか。
多くの課題をみつけることが出来た特集でした。



back-to-top