2017
06.05

大松達知氏歌集『ぶどうのことば』

第4歌集「ゆりかごのうた」で牧水賞を受賞された
大松達知さんの最新歌集『ぶどうのことば』が刊行されました。

前歌集が育児の歌に占められていたのに比して、
本歌集は、教師として、父親として、夫としての何気ない日常に
題材を求めておられます。


おやすみを言はずに妻が寝てしまふ家族三人になつたころから

いちにちの心の疵によく効いて手足ぬくめるお湯割りの芋

不作法を新しいねと言ひかへて高校生に迎合すこし

妻の機嫌、娘の機嫌とりましてわれの機嫌は<白霧島>がとる

つきつめて思へば人と暮らすとは人の機嫌と暮らすことなり


家庭を持つこと、そのなかでの「相手」との関係性が
子を持つこと、子が育つことで見え方が変わってくる。
仕事は脂がのっている時期、しかし悩ましいことも多々ある。
中年に達した主体の溜息や喜びなどが、とてもあたたかい視点で描かれています。
社会との関りというのは、なにも社会問題に取り組むことではなくて、
こうして日常のさまざまから社会に繋がっていくのだとも思う。

「あたたかい」とはどうして思うのか。
しかし、とてもほっこりと、嘆いてはいるけれど
とてもほんわかと、日常がそこにある感じが、
心にしみ込んできました。

装幀には、真田幸治氏によるぶどうの蔓のような、
音符のような素敵なデザインがあしらわれています。
五線譜の上に踊るぶどうの粒粒は、家族が奏でるメロディのようだとも思いました。
楽譜を追って、(ここからは妄想ですが・・・汗↓)
モーツァルトのメヌエット(ニ長調 k355 とか・・)の明るくて清楚な曲を想像しました。
内容とぴったりです。


とてもよい歌集です。
ぜひお読みください。









back-to-top