2017
06.18

6月に思うこと・言葉の野を豊かに

Category: 思フコト
「組織的犯罪処罰法改正案」が成立した。
今後形成されていく、世の中の空気や人の動き、
そして表現についても懸念は尽きないが、
ひるむことなく表現を続けていきたい。

今回に限らず、毎回、何らかの法案成立前後に発せられる言葉に、非常に違和感がある。

「安倍は死ね」からはじまり、
「徴兵制だ」「戦争法だ」「総監視社会がはじまる」
「日本は終わった」といって、
法案そのものの内容が1だとしたら、
尾ひれをつけて、または大げさに内容を誇張して
3か4まで過剰に煽っている。そんな人のなんと多いことか。
本当の内容はどこまでなのか、結局よくわからなくなってしまって、
かえって筆者は白けた。

思い返せば、こんなことはもうずっと続いているのだな、と感じる。
筆者は原発事故被災地に住んでいるが、
その国道沿いを居住者が心を尽くして清掃しようものなら「人殺し」といわれ、
夏、地元の人たちが尽力して、やっと海開きにこぎつけた海水浴場を
「殺人海水浴場だ」といってくる。
汚染が恐ろしいからと発せられる言葉なのは
十分理解できるのだけれども、ひどい言葉だと思う。
反論するのもばかばかしく、黙っていれば、
「もっと怒れ、なぜ怒らないのか」と強いられる。
怒ってすべて元通りになるなら、怒るだろう。
しかしそうではないのだから、すべては空しい。
私たちが怒っていないことにしてしまっているその人たちに、本質を見る目はない。
すでに私たちの「内心の自由」は、強いてくる人たちの「正義」によって奪われている。
そんなことがもう何年も続いている。

私たちは短歌をやっている。
言葉を扱っているのである。言葉はていねいに選び、扱いたい。
事実に尾ひれをつけて内容を誇張し、憎悪ばかり増幅して
伝えていることにあまりに無自覚な人がいる。

彼らはそれが「正義」だと思っているのがなおさら悲しい。
筆者からしてみれば、すでに「抗議」ではなく「罵倒」でしかない。
そんな人たちとは、これまでも、そしてこれからも、決して共闘はしない。

事実は事実そのまま、それ以上でも、それ以下でもない。
反対するとしても、事実を吟味して粛々と行いたい。
せめて自らの言葉の野は豊かに保ちたいものだと思う。





back-to-top