2017
07.26

「羽根と根」6号を読む

若い歌人たちが編んでおられる同人誌・「羽根と根」6号。
もう6号にもなるのだと思う。
参加している人たちの不断の努力があってこそ、
6号まで続け、そして刊行していっているのだろうと思います。

今号は歌作品と、中津昌子さんと寺井龍哉さんの前号評があって、
とても読みごたえがあります。歌歌にも佳品が多い。

ゼラチンに匙をさしこむ羊水のさらに増えたる姉と並んで
                          坂井ユリ

入口のとこで待ってる盛り塩の器にガムが吐き捨ててある
                          中村美智

サイダーで君の手指を洗ってく錆びた水道場にすわりつつ
                          橋爪志保

言い過ぎてしまったことを朝方のしめった草に触れながらおもう
                          阿波野巧也

貧乏にならないために買えなくてすべるすりへっているヒールは
                          今井 心

使い捨てマスクの中の舌打ちがなかったことになる向かい風
                          佐伯 紺

雨水が垂れてくるのをさけながら高架を抜けて駅があるはず
                          牛尾今日子

関係を名づければもうぼくたちの手からこぼれてゆく鳳仙花
                          佐々木朔

それぞれの人の歌。
小さな気づきと毎日、ということに少し立ち止まる、考えることが
とても苦しいし、あるいは無駄だし、またはとてもかけがえのない。



ご紹介が遅くなってしまったことをお詫びしたい。

参加者の皆さまが、ご自分の歌の道を灯しつつ
颯爽と歩まれてゆかれることを祈っています。






back-to-top