2017
08.21

8月に思うこと・勝ちにゆくということ

Category: 思フコト
いろいろな場、とくに競い合う場で選をする立場をいただくようになってから、
いつも思うことがある。

参加者の方たちからはからずも声を漏れ聞く機会もあるのだが、
そのなかで「勝ちにいく」という言葉がある。

選ぶ・選ばれる場にあれば当然なのだが、
どうしてもそこに選ばれたい、戦いなら勝ちたいという欲が出てくる。
そうすると、それが意識・無意識のうちに歌に出てしまう。

「出てしまう」とはどこからそんなことを言うのか、と訝しむ向きもあろう。
はっきりでている歌を示せ、エビデンスを示せという方もあろう。
もちろん言葉として発せられるときもあるし、
歌の場合は具体的にどう、ということではないが、
我欲のようなものが存在するのが分かる、ということだ。

人は誰しもよいことがあればうれしい。
歌会での高得点、入賞、勝利、それはだれでもがうれしい。
競い合うことで高められるものもあるだろう。
だが歌を作る上でそのことが主たる目的になったとしたら、
あまりにも悲しくないだろうか。
やはり一度は「勝ちに行く」歌を作ったとしても、
そこから抜け出してゆかなければ、歌の道は不幸なものでしかない。

こんなことを考えるとき、
私はいつも山本周五郎の「鼓くらべ」という掌編小説を思い出す。

鼓の名手とうたわれた男がある日、競い合いの果て、
相手の鼓の皮を割るほどの気迫をみせて優勝する。
しかし、栄誉を手にしたはずのその男は、
その後自らの腕を折って、行方をくらます。
後年の物語が前後にあるのだが、
なぜこの男が鼓を捨て、自らの腕を折ったのか。

(このサイトでは全編が読める。)
https://www.douban.com/group/topic/15118691/

選という行為に、この話を思い出す。
願わくば、さらに「勝ちにいく」価値から進まれて、
自らの文体を掴んでほしいし、自分もまたその途上であることを記したい。

back-to-top