2017
09.18

9月に思うこと・電気羊の詠む歌

Category: 思フコト
近頃、こんな本を読んだ。



「日本を代表するSF作家たちが人工知能を題材にショートショートを競作し、
それを「対話システム」「神経科学」「自動運転」「人工知能と法律」
「環境に在る知能」「人工知能と哲学」「ゲームAI」「人工知能と創作」の
8つのテーマ別に編集、
テーマごとに第一線の研究者たちが解説を執筆した画期的コラボ企画。」

というふれこみ。この小説自体はAIが執筆したものではないのだけれど、
近未来がリアリティをもって迫ってくる。
自動車の自動運転も実現に近づいている今、文学作品とAIとの共存というのも、
この本に依らずとも、いよいよ現実味を帯びてきたのではないか。

こんなサイトもある。「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」
https://www.fun.ac.jp/~kimagure_ai/index.html
昨年には星新一賞にAIが書いた文学作品が一時通過したニュースがあった。

これまで短歌の世界では自動短歌生成装置「星野しずる」が著名だった。
星野を形成する多くの語彙は、作成者の語彙環境に多く依存してきたと思う。
今、ここからさらに一歩進んで、ひとりの人間となって主体を構築し、
短歌を綴っていく、歌集単位のAI作家が現れたとしたらどうだろう。

氏名を伏せて審査される新人賞は、
もはや虚構か真実かを案ずるレベルではなく、
(なぜなら、作者自身が虚構なのだから)
審査軸を根本から変革することを余儀なくされるだろう。
さらには著作権の問題も新しく付加されてくるだろう。

10年先、20年先まで見つめて、
私たちは短歌にどう関わっていくべきか、改めて考えさせられる。







back-to-top