FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
02.21

2月に思うこと・軌跡を振り返る

Category: 思フコト
「現代詩手帖」2月号の特集は、「21世紀の批評のために」。



2000年代以降の詩の批評について、検証や具体例を挙げながら、
様々な詩人が思考を深めている。

さらに美術手帖3月号の特集は「言葉の力。」


言語表現の現在地を改めて問い、
ここ10年ほどの言語表現の世界の動向や未来への試行を詳細に特集している。

こうしたこれまでの「検証」がひとつ纏まった単位で行うことが可能になったと同時に、
振り返ってみると、短歌の世界は流れに逆行しているのではという感じがしている。

昨年には「歌会こわい」トピックが話題になったことは記憶に新しい。
歌会で自らの歌を批評されたり、あるいは他の参加者の歌を批評する言葉を持つことは、
批評野の最小単位であると思うのだが、
それさえ恐れを抱く要素になってしまうとなると、
なかなか短歌の批評野は豊かになっていかないのではないか。

まずはできる人から、自分から、そして志を同じくする人たちから
少しでも短歌の批評について、あるいはその地平をつなげていくことについてを
考えていくことが必要なのではないか。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。