2018
05.25

5月に思うこと・歌集にできること

Category: 思フコト
加藤治郎氏の『Confusion』(書肆侃々房)が刊行された。





『Confusion』は、confusion(混乱・当惑)のタイトルが示すとおり、
読み手にある混乱を呼び起こす歌集だ。
レイアウトと装幀は若い詩人ユニット、「いぬのせなか座」が手掛け、
外観からすでにアグレッシプな雰囲気を醸している。
ぺージを繰れば歌は頁のすみずみに飛び散り、
まるで浮遊する文字群が読み手へ挑みかかるようである。

生命保険の最終プランを提示され端的に紙屑のようなり

集中にある歌である。この歌はこのように示されれば、
人生をたった1枚の紙に記されて、
「最終プラン」の例示として掲載されていることへの
主体の憤りと嘆息を詠った歌としてあるだろう。

しかし、この集のなかでは、
この歌の右横には真っ黒な短冊のような2センチ幅の黒塗り部分があり、
その上部に「二〇一六年四月二十六日。」という詞書状の日付が置かれている。

このレイアウトを併せると、読み手には黒塗り部分さえ視覚的に大きな意味をもったものとして迫り、
歌自体もまた言い得ない情動のようなものが加算されていく。
つまりは読み手の側に新たな情動を沸き起こさせる装置として機能するのである。

一方で、これは「いぬのせなか座」とのコラボレーションのなかで立ち上がった表現ではある。
加藤氏の歌と、詩人である「いぬのせなか座」の人たちが化学反応を起こすことで、
可能となった表現でもある。
加藤氏自身がこの表現を単独で生み出せたか否か。
テクストとして成立するための前提も「confusion」がもたらされている。

『Confusion』は、まさしく従来の歌集観の破壊からはじめて、
歌集に含まれるいっさいのパラテクスト
(本を取り巻くもの・前述した装幀や表記なども含めての外的要素)
に関しても改めて厳しく問うたものだ。

歌集という紙の媒体の「場」がもつあらゆる可能性と力量を鑑みて、
その媒体が発揮できる能力を
惜しみなく・あますところなく出力させしめた結晶として読み手の前に立ちはだかる。

back-to-top