FC2ブログ
2018
07.07

りとむ短歌会誌『さんごじゅ』を読む

りとむ短歌会の皆さんが編まれた「さんごじゅ」。5月に刊行されました。
結社内の同人誌ということになるのだろうか、
16名の皆さんが作品とエッセイなど寄せている。

印象的なのは、それぞれが自らの歌をいきいきと追求していくような姿勢だ。
勢いのようなもの、熱気のようなもの、冊子としてのかたちにまとまって刊行されることが
とても豊かに感じた。

湖になりたい夜は目薬をやさしく点してみなよ、ためしに   
                             越田勇俊

白シャツにアイロンかけてあたたかい雨の日曜言葉はいらず
                             里見佳保

そういえば、恋人ときたことがない三崎で掬うジェラード はつなつ
                             高橋千恵

嘘ばかり詠んできたけどまあいいか春のあくびにしびれたからだ
                            滝本賢太郎

おにぎりの鮭と梅とを分け合ひて妻はこくりと味噌汁飲めり
                               田村元

傘の骨どれもが強く張っている雨音高く短く響く 
                              樋口智子

応酬の修辞にこころ奪われて問うべきミューズ逃さぬように
                               和嶋勝利

とくに心に残った歌歌。
参加されている皆さんの一人一人が豊かで独自の世界を持つ。
そうした枝枝の一本からなる珊瑚樹・・
読むことができて、やがてゆたかな幸せが訪れるような一冊です。
back-to-top