FC2ブログ
2018
10.02

9月に思うこと・「チッうるせーな」と言う人と取り巻く人々

Category: 思フコト
長らく多忙のため、先月はまったく更新できませんでした・・
気持ち新たにできる限り綴っていきたいと思います。

まずは「9月に思うこと」から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
LGBTに関する偏った見解を載せたとして、「新潮45」が休刊を発表した。
休刊となぜなのかと思う。たとえ「偏った」見解だとしても、
様々な意見を掲載し続け、問い続けることこそ、
さらに何等かの意味が見いだせるのではないのかと思ったのだけれど、
そうではないことになった。

思いがけず騒ぎが大きくなってしまったので、
そして鎮火しそうにもないので、
言葉は悪いが「チッ、うるせーな」とうるさがり、
「休刊」ということにしたように筆者は感じた。

これより先、福島市では、ヤノベケンジ氏が震災直後に発表した
「サン・チャイルド」像が同じような経緯を経て
「撤去」となっていた。これも思いがけず騒ぎが大きくなって、
展示をした側の市が早々に撤去を決めたのである。
なにも本質の問題には手つかずのままであったように思う。

この2つのことをつなげてしまうのは短絡だろうか。

けれども、ひとつの問題提起になる対象があり、
ある種の違和感を感じる人たちが、
そのことを訴え、対象を差し出した側がその違和感を受け止め、
双方で考えていくのではなく、
すぐその対象自体を抹消し、決着をはかる、
それ自体の問題の本質はまったく話されないままという流れである。


短歌に視線を向けてみると、岡井隆氏の歌

原発はむしろ被害者、ではないか小さな声で弁護してみた
原子力は魔女ではないが彼女とは疲れる(運命とたたかふみたいに)


を思い出す。これは、震災後まもなくの2012年ころに発表した歌だ。
当時も話題になった歌だけれども、
それでも様々なところで問題提起ともなり、原発についての議論の糧ともなっていた。
そして、岡井氏はもちろん
「事故の被害者に不快な思いをさせた」などと謝罪したりはしなかったし
「チッうるせーな」などとして作品を取り下げたりはしなかったのだ。
誰もが真摯に、「そのこと」について考えた。そういう懸命な空気があった。


それが今や不寛容な、窮屈な空気に変わった。


一般の人たちであるはずの私たち自身が、
私たち自身の手で、「正しさ」をふりかざし、
言語警察、言葉狩りをやってのける。
そして狩られる前に回避する知恵を働かせる輩になった。

真におそろしいのは、かの首相が統べるからではなく、
国のなかの私たち自身なのだと今の今、実感する。
恐ろしい国になった。

追記(10/4)
内容についてわかりにくいとのご意見をいただきましたので追記します。

上記で筆者が提示した例は、
その人の見識が大きく関わっているというのが筆者の前提です。
デマを真実だと信じている人もこれにあたります。

端緒を切った、かの議員の差別発言は、
その人自身はまったく差別とは思っていないのでしょう。
彼女が差別だと思っていないということ自体について
理解するべくもっと考えなければならないのではないか。


子ども像にしても、
どうして不快に思う人たちがいるのか、
設置側はそのこと自体を考えることもありませんでした。
不快に思った人(私も含む)は、なぜ自分たちが不快に思うに至ったのか、
無理解者にくわしく理解してもらう機会を失いました。


議論する場自体がなくなったこと。
本質についての議論はなされないままであること。
それは考えることの後退だと思います。
時間をかけて、相互に理解していくことこそ大切なのではないかと思います



back-to-top