2011
03.21

東日本大震災・いわき市での被災

Category: 壜のなかみ
3月11日、今まで経験したことのない大きな地震に遭遇しました。

金曜日だったので、息子の帰りを待って、
持ち帰った体操服や上履きを金曜日中に洗濯しようとしていたところでした。

巨大な揺れ。

その前にも地震があったので、すぐ収まるだろうと
思っていたら、長いのです。揺れが止まらない。
激しく揺れるので、部屋で飼っていた文鳥の籠も棚から落ちそう。
文鳥もかつてない揺れにおびえてパニックになっていました。

籠ごと机の下に隠して、わたしも身を潜めました。
台所からは調味料いれやフードプロセッサーや
いろいろなものが落ち、
本が崩れ、すごい有様。


揺れが収まってやれやれ。今回のはかなりしつこく、大きな揺れだった、
震度どのくらい?

初めはそのくらいの気持ちでした。

しかし、時間が経つにつれて、停電、断水が始まり、
状況さえもつかめなくなりました。

青ざめて息子が帰ってきました。
小学校で地震に遭い、それでも無事に先生が帰して下さったようです。

津波は以前ご紹介した灯台や座礁船のいた鮫川河口をも襲い、
壊滅状態です。





真っ暗な夜が始まりました。






それから、今日まで。

今日3.21現在も断水しています。
生活は・・正直かなり厳しい。
寒いおなかすいた


私の住むいわき市は
原発のこと、放射能汚染の恐怖、風評被害のこと
様々な問題を抱えています。復興は遅くなるのではないか。
そんな予感がします。

物資・ガソリンが足りず、各家庭では兵糧攻め、持久戦の様相。

我が家でも
お昼ごはんはお煎餅三枚とか、そんな感じです。


じゃあ、逃げれば。


だれもがそう思うでしょう。
夫さえもそう言いました。
逃げる行き先もあるのです。
逃げない選択は、子どもの安全を無視しており、
母親失格ともいわれました。


ですが、わたしは
ここ、いわきにいて踏ん張りたい、と思いました。
もちろん仕事がらみのこともありますが、
やはりふるさとが好きだから。


今日で地震から10日。ひとつもぶれていません。
いわきの復興のため、何かできることがあるはず。
そう考えはじめる余裕ができました。



短歌はこれから
震災への驚きや追悼の歌で埋め尽くされるでしょう。
3.11とか震災とか津波とか、たぶん東北に住んでいるのではない、
当事者ではない歌人達が
テレビを通しての感想を詠むでしょう。

9.11テロの際のごとき論争はさらには今回は行われないでしょう。
それはもう、そのときにでた、手垢の付いた話題だからです。
ある種の「地震祭り」が歌壇を埋め、そして消えるでしょう。
震災さえも消費されてゆくのです。
わたしはそれが許せない。



わたしは当事者としてしか詠めない歌を詠む。



そう思います。


誰と問ふ、地震(なゐ)とぞ応ふ。わが裡を揺さぶりやまぬものの名前は






トラックバックURL
http://seabottle.blog103.fc2.com/tb.php/38-e6734b23
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top