2011
04.11

復興していくいわき

Category: 壜のなかみ
4月11日はちょうど震災から1ヶ月の日にあたり、
地震の起きた午後2時46分には犠牲となった同郷の人たちへお祈りしました。

亡くなられた方のご冥福をあらためてお祈りするとともに、
これまであたたかな支援をくださった方々に厚く御礼申し上げます。

桜

満開となった桜。


いわき市も復興のかけ声とともに、
仮設住宅の建設がはじまっていました。

001.jpg

スーパーマーケットなど物流も、
空いている棚、営業時間短縮、個数制限はあるものの
ほぼ元通りの様子になってきています。
余震頻発の中で、ライフラインにも不安が残りますが、
伝い歩きの子どものように歩き始めている実感があります。


一方で、避難所はまだ家をなくされた方が
引き続き身を寄せられています。
昼間は若い人たちは仕事に出かけるために
高齢者や体の不自由な人など、生活弱者が昼間は残されています。
この方達にも一刻もはやくあたたかな住居が
準備されるように願っています。


広いいわき市は当初から被害格差が言われていました。

どんどん復興していく場所と
いまだ時間が止まっている場所があります。


私たちは震災当初のことを
忘れずに、助け合って
過ごしていかなければならないと思います。

大げさかもしれませんが、「生き残った」のですから・・






トラックバックURL
http://seabottle.blog103.fc2.com/tb.php/42-932c3b17
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top