2012
08.27

生沼義朗歌集『関係について』を読む

『関係について』は、

『水は襤褸に』で日本歌人クラブ新人賞を受賞した、生沼義朗さんの第2歌集です。

丁寧に人間とその間にある何らかを見極めようとして詠まれた歌集。

事象をじっくりと捉えながら歌にしてゆく生沼さんの実直で細密な生を感じます。
 

歌集タイトルにもなったⅡの「関係について」では、

体力的精神的に困難な時期と思われる作者自身が、

様々な他者との関係性について鋭敏なまでに、

生活と自らの生をみつめてあぶり出しています。

 夜半までネットに向かう、海底の線路を歩むこころもて
 
樫のボウルにシーザーズ・サラダ ほろびたるもの美しく卓上にあり

 出奔はかくあるべきでやすやすと炎上しているルフトハンザ機

 重力に負けワイシャツの落ちるとき羽ばたいている生活の鳥
  

前衛短歌のような切り口の鋭い歌にも弾かれました。

 葱畑過ぎてなお夏、本庄にかつて保険金殺人ありき

 自らの陥穽に落つ。晴れた土曜にバスのクラクション長く響けば

 クール・ビズと呼ばるるらしも収賄で逮捕されたるごとき格好



「関係について」連作の最後に置かれた「中国の地図〈差異〉をめぐって」は、

突如解雇されたという事象を発端に、

自らのことから、中国の地図が中国中心に描かれているという気付きの歌を置き、

立ち位置によっては脆い価値観についての考察の歌が置かれています。





物語の失効という物語ひとかかえにして表にゆかな


熟考ののちに出された、生沼さんらしい思索にあふれた歌集。





トラックバックURL
http://seabottle.blog103.fc2.com/tb.php/83-5d5d69ae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top