2017
01.05

光森裕樹歌集『山椒魚が飛んだ日』を読む

明けましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もできるだけ短歌について考えたこと、歌集歌書を紹介したり
していきたいと思います。
内容も日々見直してゆきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年最初に読んだ歌集は、
光森裕樹さんの第三歌集『山椒魚が飛んだ日』です。




これまで、つねに短歌の世界のキュレーターであった光森さん。
短歌の情報サイトtankaful運営をはじめとして
歌集『鈴を産むひばり』は、これまで歌集出版専門の出版社ではない「港の人」から
活版印刷の歌集を、
歌集『うづまき管だより』は電子書籍で出されています。

この『山椒魚が飛んだ日』は、
主体のライフステージの変化について主に語られていく。
結婚、移住、子を持つこと。
あるいは可視的なこうした変化の中で、自他の存在そのものについて問うているのだと思う。
名づけ、そう呼ばれることで「それ」になっていくということ。


さみどりの胎芽が胎児に変はりゆく秋を一貫して吾なりき

からだから樹液のやうな汗をふき愛するひとが樹になつてゆく

母の名に〈児〉を足し仮の名となせる吾子の診療カードを仕舞ふ

妻となるひとりを知らぬ吾がゐて湯屋よりかへる雪踏みしめて

眼帯を付けれど他人にならざればボードブックをまた読みかへす



呼称と人称の行方、そして存在としての出現前後。
一首が問いに読者への溢れている。

非常に問いを含む歌集、光森さんの新たな境地が感じられる歌集です。





2016
10.25

沼尻つた子歌集『ウォータープルーフ』を読む

塔短歌会に所属する、沼尻つた子さんの第一歌集『ウォータープルーフ』。




「沼尻つた子」さんの生がみっしりと描かれているこの歌集。

かぎかっこのお名前にしたのは、あとがきにこんな文章があることからです。


「沼尻つた子」が歌集を出したのちにも、
「私」は暮らし、働き、短歌を詠み、生きていきます。


「私」は限りなく沼尻つた子さんに託して詠んでいく。
そして一個の物語にはしてはならないという決意も読み取れると思いました。


クレヨンの入り込みたる爪を切りティッシュに散らすビリジアンいろ

わすれてくれわすれないでくれわれのこと 帽子の名札は未だひらがな

PTA総会終えてママという蒸れた着ぐるみのチャックを下ろす

届き得るものに限りあるこの世われは冷たき脚立をひらく

名はたましい 知りてしまえば吾の前にたちあらわれる顔欠けしまま




時代と切り結ぶとはこういうことなのかと思う。

しっかりと確かに地に足をつけて沼尻つた子さんは詠っています。

今年はじめて、心にずっしりと来た歌集です。




2016
08.07

塔短歌会・東北『1833日目 東日本大震災から五年を詠む』

塔短歌会・東北の皆さんが集って編まれている、
東日本大震災についての歌を収めた
『~日目』の歌誌。

このたびは6冊目となる、
『1833日目 東日本大震災から五年を詠む』が発刊されました。


震災からの歳月をそれぞれに歩むということ、
少しずつ分岐があり、1人の上に1人の生が重く分かれていく。
震災被害直接のこと、また回顧や前を向く歌もあり、
それぞれの震災についての捉えについて考えさせられます。


いまだ死者とかぞへられざるひとびとの十一日の集中捜索        
             梶原さい子

踏みとどまるために踏まれて汚されてなほ捨てられぬここがふるさと   
             小林真代

五年といふ長さを思ふ ちひさなる犬の五年は人の三十年        
             斎藤雅也

人々を救ひし青き歩道橋ペンキうすれて錆の増えたり           
             武山千鶴

忘却を許されてあれば四年目にしずかにベビーブームはありたり     
             三浦こうこ



私個人がくっきりと感じたのは、
津波被害の大きい二県と、
原発事故があった福島の人たちの
歌の雰囲気の違いでした。

福島の人たちの詠んだ歌には
どうしようもなさ、やるせなさ、そして不安のようなものが
今も当時と同じ圧でにじみ出している。
福島に住んでいる自分にはそのことに非常に共感しながら
拝読したのでした。

1年ずつを次の年にむけて、どんな歩みをされるでしょうか。
思いをその都度形にしていくのは
とても苦しい作業かもしれないけれど、
続けてほしいとも思う一冊です。

同時にわたしも福島の、この今を詠んでいこうと思いました。







2016
08.06

小紋潤歌集『蜜の大地』を読む

心の花に所属する小紋潤さんの歌集『蜜の大地』。
永らく歌集関連の出版社に勤めておられ、
装幀家としても著名で、様々な歌集のおもてを
壮麗にかざってこられた方として深く印象深い方です。



朱き実を捧げ持つ木の大切を思へば残されてある歳月よ

リラの花終りていつかしづかなる街の並木に沿ひて歩くも

優しさはひしめくごとき葉牡丹のむらさき濡らしゆく時雨かな

ふるさとに帰り来たれば夏日なり貧しく枇杷の実の熟れるとき

肩車よろこぶ声は父よりも高きところに麒麟を仰ぐ



タイトルは聖書の文言より。
祈りに似た静かな詠風、だが確かな描写が心を打つ。

私は以前、小紋氏に私家版の歌集が存在すると聞いたことがあって、
それを入手したかったが、できなかったという事がありました。
それらの作品はこの歌集に含まれているのか? 

非常に長い歳月の間に
つくられた歌がこの一冊に詰めてあるので、
私家版歌集のゆくえも触れてほしかったと個人的には思う。


出版を果たした歌集と歌友の力。
そんなことも感じられる力強い歌集です。

2016
07.12

大井学歌集『サンクチュアリ』を読む

「かりん」編集委員を務められている
大井学さんの第一歌集『サンクチュアリ』(角川書店)。
歌歴20年のベテランの、(だが) 処女歌集、
というトピックが先行して駆けめぐった話題の歌集である。





その歳月にふさわしく、もう第三歌集ほどの落ち着きと深さがある。
佳い歌はたくさんあって、それは挟み込まれている栞に
永田和宏さんや穂村弘さん、辻聡之さんらが挙げておられる。

私は職業を詠んだ歌やその心持ちが関わっている歌に注目した。



生きるとはハネを伸ばさぬことである見よ標本の蝶の死に様

休日を人と話さずスーパーのデコポンのへそ押して夕暮れ

主役である必要はなし そうめんの葱の辛さを恋おしみており

辞表を出す部下の伏目を見ておりぬ「驚く上司」という役目にて

手渡してすぐかけ去りき〈バイク便〉冬の空気のにおいのこして



何らかの組織に「在る」ということ、
それはまぎれもなく「われ自身」を消した「われ」なのだ。
消さなければ「われ自身」が死んでしまうだろう。
だから「われ」はひっそりと、だが堅く・頑なに「われ自身」を護る。


「われ自身」はいきいきと保たれ、
感じたり考えたりする。歌もつくる。


歌集のタイトルにもなった「サンクチュアリ」=聖域とは、
だれにも踏み込ませない、
唯一不可侵の、「われ自身」の聖域なのだと思う。

読者はいっとき聖域のなかを散策させて貰い、様々に感じ入る。
しみじみと何回も読み直し、考える歌集だと思う。







back-to-top